hirubosiasia80_昼星_ひるぼしの日記

昼星 超新星の爆発で昼でも観える☆の事

涅槃の灰猫

 


         涅槃の灰猫

 

 

 今、大儲けをして居る者は、ワクチン製造メーカーと軍事産業で有る。日本も朝鮮戦争時代、戦争特需で復興が大きく進んだ経緯が有る。新型コロナsワクチンの有効率95%の詐欺的な大嘘の騙しで、ワクチン製造メーカーは莫大な冨を得た。ワクチンは予防の為に健康な人全員が接種すべき物、罹患者が服用する治療薬より桁違いに儲けが出る。人類全員に2回接種をすれば、莫大な冨がワクチン製造メーカーに転がり込む事に成る。2回接種でも終息しない場合は、3回接種を言い出す。2回を3回に替える丈で、莫大な冨が転がり込む事に成る。3回接種でも終息し無い場合は、4回接種を言い出す。4回接種でも終息しない場合は5回接種を言い出す。・・・
 実際問題、日本人は桁違いに感染者が少ない要因、ファクターXの有る国、白人の治験結果を信じるは無謀で有る。実際問題、ワクチンを接種しようが、接種しまいが、99%の人は罹患し無い。残りの罹患率1%を0.05%に減らせるから、有効率95%と騙す。本当の有効率は其の差の0.95%で有る。確立と百分率と唯の数字の比率の混同を利用した詐欺的な騙し。有効率0.95%のワクチンを政府は血税で8億回分のワクチンを既に購入済み、代金も既に払って仕舞って居る。返品は出来無い。使用期限までに接種を終え無いと廃棄処分と成る。若年層に迄接種をさせる。幼児まで接種を目論んで居る。副反応や後遺症が出る事を知って居て接種させる。
 今後は増税ラッシュうが舞って居るのは確実で有る。
 パソコンのOSのWindowsマイクロソフト社の創業者のビル・ゲーツ氏は、パンデミックが起きる以前に、生物兵器の脅威を講演して居た。感染拡大のシュミレーション結果も公表して居た。今世界は其の通りの地獄に成って仕舞った。今やビル・ゲーツ氏は世界の予言者に成って仕舞った。
 中国もパンデミックが起きる以前に、広域的な大規模な防疫訓練を行って居た。しかし、武漢の封鎖には訓練の教訓が活かされず、手間取り感染を全土に広げて仕舞った。旧暦の正月の終節の祝に重なった不運も有った。
 武漢新型冠状病毒肺炎(COVIDー19)の発祥原が武漢の海鮮市場の蝙蝠とか、武漢の海鮮市場は封鎖され、消毒された。世界は武漢の海鮮市場で蝙蝠や蛇や鼠が生きた儘売れれて居たK歩とに吃驚仰天、愛玩用のペットでは無い。されど、冷蔵庫が無かった昔は、東南アジアの多くの国でも其れが普通で有った。市場の路上で猿や犬や猫、鵞鳥や家鴨や鶏、鼈や台湾泥鰌や鯰や鰻や河蟹や蜆等々、皆、生きた儘売られて居た。買ってお金を払うと、其の場で手際よく捌いて呉れた。
 中国全土には海鮮市場は多数有る。何で武漢の海鮮市場丈。
 野性の蝙蝠や蛇や鼠は東南アジアには数多生息して居る。何で武漢丈。
 武漢には武漢病毒研究所が有る。病毒とは、ウイルスの漢字名。世界でも屈指の、遺伝し組み換えの実験が出来る最新鋭の研究所、フランスの強力で建造されたが、中国はフランスの許可無しに増改築を行って居る。米国の研究チームが査察した時には色々と安全面で指摘された。YouTubeにも研究員がマスクも手袋もせずに、蝙蝠を素手で掴んで注射して居る動画が配信されて居る。研究員が蝙蝠に尿を引掛けられた報告も有る。実験で使って死なせて仕舞った動物を焼却処分にせずに、食肉業者に転売して居た事件の報告も有る。最近、武漢病毒研究所が爆発炎上火災を起こして居る。世間の風評では証拠隠滅を図ったとか。普通、生物兵器の開発はワクチンや治療薬の研究も並行して行うもの。意図的では無くても、武漢病毒研究所から漏れ出た可能性が高い。
 最近、武漢新型冠状病毒肺炎(COVID‐19)の遺伝子配列のゲノムが公開された。何とエイズの遺伝子配列が四箇所も見付かった。自然の変異なら何百年も掛かる確率。
 今、接種が進んで居るワクチンは武漢の株、其の後デルタ株やオミクロン株に変異し、有効率がさらに下がって居る事は確実で有る。
 最近の世界保健機構WHOの中国忖度が気に成る。中国は莫大な分担金を拠出して居る為でも有る。勿論日本も拠出して居る。意外と知られて居無いが、大企業も拠出して居る。ビル・ゲイツ財団も勿論拠出して居る。傘下に製薬会社が入って居るのが気に成る。特許の申請の承認を待たずに、生産ラインの拡充を行って居た。
 ガウス曲線の怪が有る。新規感染者のグラフを観ると、第五波迄は綺麗なガウス曲線を描いて居る。第六波の3回接種が始まってから曲線が乱れ出した。第七波で終息か。ガウス曲線は西洋の釣鐘の様な綺麗な山型の曲線、関数で表す事が出来るので、終息の予想も出来る。統計の学習で良く出て来る標準偏差のグラフで有る。天理の法則丈じゃなく、人情や人流に関わる事迄登場する。平均的な顔立ちの人が美人と言われる。平均的な人が一番長生きする不可解も有る。
 宇宙の年齢は138億年、今が最盛期で有る事が判る。宇宙開闢後の80憶年間は元素の進化の時代、此の大宇宙の何処にも生命は発生して居無かった。多細胞生物が発生する迄には更に30億年を要した。
 生命の発生の確立を計算した生物学者が居た。我が天の川銀河には前例が有るので計算は容易い。生命発生には幾つかの必須条件が有る。一つでも欠けると生命は発生し無い。生命発生の確率はそれらの乗算と成り、限り無く零に近付く。海洋を有する惑星なら可成りの可能性は有る。されど、月の存在が問題で有る。月は衛星にしては大き過ぎる。小惑星同士の連星の如くで有る。月の存在が必須なら可成り絶望的な確立に成って仕舞う。
 銀河の中で何処か一つを期待したら、確立は加算と成って可成り期待が持てる。宝籤の籤券を多数買うと当たる確率は増える。我が天の川銀河には前例が有るので、複数の生命が有る事は期待出来る。されど、出会う事は決して無い、宇宙は其れほど広い。

 

 世界の人口が際限なく増え無いのは、食糧生産に限度が有る為で有る。貧困国では実際に餓死者が出て居る。北朝鮮も現実は酷い事に成って居る。
 ウクライナのロシアの侵略は悲惨で有る。ロシアは負ける戦争を始めた事に成る。春に成り、気温が上がると、ツンドラの凍土が融けて、大地が泥濘み 
戦車が立往生。
 EU連合に供給して居るパイプライのバルブをロシア側が停める事が出来無い。唯一の外貨の収入が途絶える。バルブは未だ仕舞って居ないのに、既に原油が高騰してしまって居る。ガソリンの値だ既に上がって仕舞って居る。運送費も上がる、電気代も上がる。
 
 米国には列国ソビエト連邦を瓦解に追い込んだ前例が有る。当時、世界は共産主義社会主義の弊害に気が点くべきで有った。されど、ロシアや中国や北朝鮮は其れを引き継いだ。最悪なのは、ロシアがソビエト連邦の核を引き継いだ事で有る。ウクライナソビエト時代の核を廃棄して仕舞い、今の侵略を招いて居る。北朝鮮が核に固守する理由が有る。北朝鮮の核の威を借る韓国で有る。
 台湾が中国に併合されて仕舞うと。尖閣諸島も危うい、尖閣諸島も併合されて仕舞うと、沖縄も危うい、沖縄は相変わらずで、米軍は出て行け、自衛隊は来るなで、スペインのカタルーニア地方の独立騒動の如くで有る。沖縄が併合されて仕舞うと、南九州の侵略も近い。北海道の熊笹しか生えぬ原野が中国人に買い漁られてる現状が有る。中国が北海道に固守するは、地球温暖化を踏まえ、北極海航路を確保する為で有る。日本人の多くはサハリンから日本人が撤収して、可成り寂れて居るだろうと思い勝ちで有るが。実際は北海道攻略の拠点に成って居る。想像より繁栄して居る。
 中国が倒れると、韓国も危うい、前回のIMFの援助で、平気で約束を違え、IMFは失望、今後二度と救済はしない。肝心の日韓通貨スワップ協定は韓国側の都合で更新が停まって居る、既に期限が切れて仕舞って居る。反日を已めたら更新の可能性は有るが。国潰しても反日は已められ無い。

 

 車椅子宇宙論学者のホーキング博士が亡くなって久しい。宇宙論は大宇宙の開闢や終焉を数式を使って研究する奇妙な学問。天文学者のハップルが遠くの銀河を観測して居て、大宇宙が傍聴して居る事を発表。時間を逆戻しすると、一点に収束して仕舞う。以後、急速に宇宙論は発展した。大宇宙開闢後の3分間を詳しく研究されて居る。インフレ-ション理論では日本人の学者も貢献して居る。開闢後の3分が判っても、開闢前に何が有ったかが判ら無い。仏教には輪廻の思想が有るが、其れでも最初は必用。今や定番のビッグ・バン理論は可成り昔の理論で有る。提唱者のガモフは少年少女向けの自然科学の読本を多数出版して居た。『星の王子さま』のサンテグジュペリの如くに、自筆の独特の挿絵を載せて居た。少年少女に自論を説いて居た。
 ビッグ・バン理論で、大宇宙の元素比が計算出来る。実際の観測値に等しい、其の元素比が生物に等しい、生物有り来たりの元素を利用して居る事を意味する。生命は宇宙其のもとも言える。地球の元素比には似て居無い事が重要で有る。
 農業でも肥料の最小律が有る。一番少ない栄養素に支配される不思議が有る。地球生物の総数も燐の総数に支配される。世界の人口が際限無く増え続け無いのも、食糧に限度が有る為で有る、実際に最貧国では餓死者が出て居る。
 世界人口削減計画が有る。人為的に戦争や動乱を起したり、疫病を流行らせたりで人口は減らせる。今やワクチンで人口を調節出来る時代で有る。
 ワクチンを永遠に打ち続ける様にすれば、莫大な儲けがワクチン製造メーカーに永遠に転がり込む事を意味する。民族を分断し、戦争させるはアーリア人(白人)の常套手段。戦後の独逸や朝鮮や越南の前例が有る。次は日本かもしれ無い。
 原子力規制委員会日本国憲法で禁じる、法の遡及や事後法に背いて、原子炉を止めさして、原子炉設置審査を再度させ、巨億の巨費で安全対策をさせ、10万頁の申請書類を書かせ、誤字脱字無印では修正の為に突っ返した。40年しか使用し無い原発に、12万年前の活断層を持ち出し、意図的に審査を遅らせ、使用期限切れで廃炉に追い込んで居るは訳が有る。原子力の技術を断って、核抑止力を殺ぐのが目的。電力会社を凋落させるは、日本を衰亡させる道。
 日本維新の会大阪都構想に固守するも訳が有る。既に2回も大阪市住民投票を実施し、2回とも否決されて居るが、未だ諦められ無い。大阪府大阪都に格上げするには、大阪府の胃住民投票も必要、国会の決議も必要、国民投票も必要。大阪市の分割案ならっトックにに実現して居た。日本の副都は京都の筈、御所も在るし、二条城も在る。
 大阪府大阪都に格上げし、日本の副都にし、西日本の統治の中心にするのが本当の狙い。米中戦争に日本が巻き込まれたら、民族分断も有り得る。
 日本列島は東西に長い、中央にフォッサマグナ大地溝帯が有る。江戸幕府が大井川に橋を架けるを許さなかった為に、大井川を境に、西と東で方言や習慣や風習や文化が大きく替わる。現代でも電力の周波数が違う。フォッサマグナは試練の悪習の伝説が有る。若者を谷に落とし、生還した者丈を育てる悪習。中国の虎の子の谷落しの故事の原でも有る。其の悪習を已めたら国が滅んだ伝説で有る。
 進駐軍のGHQは日本弱体化計画WGIPを行ったが、漢字の読めないGHQが教科書の不適を墨塗させ、言論統制を布き、今のYouTubeに似て居る。20万人もの公職追放をし、焚書迄行って居る。GHQの犬になり下がった。売国奴の学者が多数居た事が丸判り。公職追放の後釜に共産党員が多数教育の場に入り込み、日本の教育を壊して仕舞った。
 最近、人口動態統計の超過死亡が可笑しい。2011年の東日本大震災の時よりも多いのが異常で有る。武漢新型冠状病毒肺炎(COVID‐19)の死者を差し引いても説明が付か無い。2010年は天災地変は無かったが、インフルエンザが蔓延して居た年、当然、ワクチンも接種して居た。
 医者や病理学者はワクチンの接種との因果関係は無いと言うが、何かが起きて居る事は確かで有る。
 ワクチンを使って遺伝子を書き換えて人口を調整する事も理論的には可能。多くの人は鬼畜は此の世には居ないと思って居るが、実際には焼夷弾を落され、一トン爆弾も落され、原子爆弾も落された。NHKや朝日新聞が言う鬼畜米英は本当に居たので有った。
 抱き猫の門出嫌いは有名で有る。飼猫が飼い主を信用して居ない事が丸判り。日本人には未だに日本弱体化計画の洗脳が息衝いて居る。憲法改正も出来て居ない。されど、日本は憲法改正の前にすべき事が有る。国連憲章敵国条項の敵国の削除で有る。独逸屋や伊太利はNATOに加盟したので、既に他帰国は削除されて居る。日本は莫大な国連の分担金を拠出し続けて来た結果が此の為体で有る。敵国の儘、憲法改正をし、自衛隊を国軍に格上げしたら、敵国扱いで外国の攻撃を受ける危惧が有る。

 

 背上の猫、鼠を退治して、天下泰平を夢見たり。
 認知症の症名は間違い、症の前には病状や症状が来るのが普通。認知は病状でも症状でも無い。痴呆病状で症名は正しい。狂犬病も可笑しな名前。犬が感染するなら沿入れでも良いが、人が感染して狂犬病は可笑しい。別名に恐水症が有る。喉は渇くが、喉が麻痺して水が飲め無い。無理に飲もうとすると地獄の苦しみが、其処で水を見ただけで恐れる。犬が竿竹に唸るも同じ、狂犬病は余に悲惨で映画では滅多に登場しないが、メキシコ映画でもいた事が有る。若者が金持の家の番犬に咬まれ、法外な慰謝料を貰って喜んで居たら、狂犬病を発症し、地獄が。狂犬病の恐ろし所は人も狂犬の様に人を咬みたくなる恐ろしい病。結局最後は映画ベン・ハーに出て来るライ病患者の収容施設の死の谷の如くに、食糧丈篭で吊るす毎日で有る。
 猫も水を怖がる不思議が有る。咬まれて放さない時は、水道の蛇口を捻ると咬むのを話す。鼈も霹靂が鳴っても離さ無いが、水中につけると窒息する。昔、豹が水中に住む鰐を水中に押し付け溺死させた動画を見た事が有る。
 原油の高騰で電力も窮迫、原子力規制委員会が合格ヲ出した柏崎刈羽原発が未だ再稼働出来ない。新潟県の知事が承認しない。新潟県独自の安全対策 を行うとか言いだした。原子力規制委員会に余の非礼で有る。常軌を逸した暴言で有る。日本の恥部でも有る。

 

 

 

                                            落撰白眉作品

https://pbs.twimg.com/media/EgTja0SU8Ak8iHk.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十一

 

十二

 

十三

 

十四

 

十五

 

十六

 

十七

 

十八

 

十九