hirubosiasia80_昼星_ひるぼしの日記

昼星 超新星の爆発で昼でも観える☆の事

ガウス曲線の歪みで、日本人の退化を見たり

c

 


         ガウス曲線の歪みで、日本人の退化を見たり

 

 

 ガウス曲線のガウスとは、ドイツが誇る大天才数学者の名前。天才数学者は数少ないが、更に大が付く。ガウス曲線は中学の経理の統計で学習する、数学では無いのが不思議で有った。西洋の釣り鐘の様な左右対称なナダラカナ山形の曲線。正規分布の曲線でも有る。関数で表す事が出来るが、高等数学の解析学で学ぶので、高校では学ば無い、コンピューターに依る解析が可能。

 今、世界政府に因る、世界人口削減計画や人類家畜化政策が進められて居る。EU連合も其の布石で有った。進駐軍のGHQが行った、日本弱体化計画にも似て居る、根底には優生論的人種差別が有る。世界政府の描く世界地図には有色人種の国が無い。米国が広島と長崎に原子爆弾を落とし、特許申請の資料の為に生体実験を行った所以でもある。
 グローバル企業も布石で有る。ワクチンの購入規約の理不尽で世界政府の布石で有る事が判る。世界保健機構WHOがパンデミック予防協定を言い出した。世界政府の布石が丸和kリかり。

 新型コロナの新規感染者のグラフを観ていて可笑しな事に気が付いた。第五波のデルタ株迄は綺麗なガウス曲線を呈して居た。第六波のガウス曲線が歪で有った。ガウス曲線を歪にする為には。、日本人全員が何かをしないと歪には成ら無い。何かが起きたので有る。
 天理の法則や数学の定理は万に一つの例外も無い、現代では特異点が問題に成って居るが。天理の法則や数学の定理の上に、大自然の摂理が有る。共食いの戒めもその一つで有る。西洋にはバベルの塔の伝説が有る。天の戒めに背いて、摩天楼な塔を建て、天の神の逆鱗に触れ、言葉を乱され国亡ぼすの伝説で有る。朝鮮は反日の為、日帝残滓の根絶の為に漢字を自ら廃止し国亡ぼす事態に至って居る。標準的な顔作りの人が美人と言われ、平均的な人が一番長生きする。天理の法則には最初決まった定数や常数が出て来る。定数や常数が少しでも違って居たら別の宇宙が出来て居た可能性が有る。
 
 日本の人口動態統計の超過死亡が近年急に増えて居る。新型コロナ感染死の増加分や新型コロナワクチンに因る死亡者数の増加分を差し引いても算盤勘定が遭わ無い。日本人全員が何かをし無いと統計には表れ無い。新型コロナワクチンの接種数のグラフと超過死亡には明らかに相関が観られるが、因果が特定でき無い。実際、接種の回数が増えると、副反応が酷く成る、明らかに自己免疫が低下し、持病が悪化して居る。帯状疱疹ヘルペスが増えて居る。若者の心筋炎も増えて居る。今後一年後には癌が増える動物実験も有る。今、第八波の感染か拡大の兆候が見られる。年末年始はクリスマスや忘年会、初詣や新年会や卒業式のイベントが目白押し。インフルエンザの同時蔓延もあり得るとか言われて居る。

 ワクチンは感染予防の為に健康な人が全員接種すべきもの、罹患者が服用する治療薬よりけた違いに儲けが出る。人類全員が2回接種したら、ワクチン製造メーカーには莫大な富が転がり込む。2回接種でも終息し無い場合は、治験もせずにい3回接種を言い出す、3回接種でも終息し無い場合は、治験もせずに5回接種を言い出す。5回接種でも終息し無い場合は、治験もせずに6回接種を言い出す。6回接種でも終息し無い場合は、治験もせずに、7回接種を言い出す。…(繰り返し)軍事産業が戦争や動乱を煽り、大儲けするに同じ。新型コロナの恐怖を煽れば煽る程に儲かる。

 新型コロナワクチンの有効率95%が可笑しい。多くの解説員は「通行率95%とは、接種したら、95%の人は感染しないは間違い』と警鐘を鳴らす。実際はワクチンを接種しようが、接種しまいが、99%の人は罹患し無い。ワクチンに添付の能書には治験結果が公表されて居る。残りの罹患率1%が0.05%に減らせるから有効率95%騙す。其の差の0.95%が有効率の真の値。最近、マスコミも有効率95%の騙しに気が付いたのじか、感染予防効果と言い換えた。百分率は全体を100とした場合の部分の割合、単位がパーセント%で有る。此処のでは全体は接種者全員を指す。騙しの絡繰りに、百分率同士を更に百分率する絡繰りが有る。分母の接種者総数が約分されて仕舞う。結局は感染者の百分率に騙される。

 感染区分を2類感染症に決めた頓珍漢が有る・2類感染症結核ジフテリアコレラ並みの感染症、新型コロナか5類が相当。2類の為、PCR検査の陽性で、健康な人が隔離病棟に隔離され、入院費や治療費や食事代が国費、保険が下りる。

 PCR検査の陽性者を感染者と言う阿呆が実際に居た。馬を見て、鹿と言い張る類で有った。PCR検査の信頼性に疑問が有る。擬陽性率が46%有ったとか言う報告も有る。日本は遺伝子の複製回数を40にして居る、海外はもっと少ない。ウイルスの死骸で反応して仕舞う、別のウイルスでも反応して仕舞う。
 PCR検査は5分で済む。検査を受けると、500円の商品券や金券が貰える。三日空けると再検査が受けられる。

 新型コロナの死亡者が可笑しい、交通事故や自殺や老衰でも、死後のPCR検査で陽性なら新型コロナ死亡者にカウントされるる。恐怖を煽るのが目的。
 ・新型コロナのワクチン接種の管理の為にと、マイナンバー制度を導入、インフルエンザではなにもし無かったのに。新型コロナ丈で有る。感染経路の割り出しの為に、個人の移動履歴が監視される。スイカピタパの利用者は乗り降りした駅が丸判り。駅の防犯カメラが顔認証に使われる。人類家畜化政策の一環で有る。
 ・最近。ペットの皮膚下にマイクロチップを埋め込むを義務化した法律が既に施行されて居る。逃げ出した狂犬も直ぐに捕獲出来る。其の内、認知症の老人もと言い出す。徘徊老人直ぐに保護される。其の内、ワクチンの接種の履歴の管理と称して、掌にマイクロチップを埋め込むを言い出す。
 ・マイナンバーカードへの健康保健証の統合が進んで居る。此の前歯医者に行ったら、既にマイナンバーカードの読み取り装置が設置されて居た。紙の保健証がカードに変わったのは一寸前で有ったのに又変更で有る。2024年には従来型の健康保健証を廃止すると河野デジタル大臣がぬかした。何と、運転免許証迄マイナンバーカードに統合するとか、人類家畜化政策の典型で有る。家畜を番号で監視するに同じ。
 ・ワクチンパスポートも言い出した。海外に渡航の際の、ワクチン接種済みの証明書かと思って居たら。国内の集会やイベントや封鎖にも使いう心算、規制が掛かって出入り出来無い場所でも、ワクチンパスポートの呈示で出入り出来る。未接種者差別や村八分の再来で有る。
 ・細胞内のDNAは核膜で保護されて居て、新型コロナウイルスのmRNAやmRNAワクチンのmRNAが核内に入り込む事は無いが、細胞分裂の際には核膜が壊されるので、細胞分裂が完了し核膜が再生される迄の間には入り込む危惧が有る。鼠の動物実験では精巣や卵巣からmRNAが見つかった報告が有る。次世代に影響が出る危惧が有る。
 ・厚生労働省は治験もせずに、ワクチンの有効期限を勝手に伸ばした、ラベルを張り替えもせずで有った。
 ・厚生労働省は治験もせずに、ワクチンの接種間隔を5箇月から3か月に勝手に変更、有効が3箇月しか無い事が丸判り。以後は有効率が負に成る。よ
り感染し易く成る事を意味する。
 ・厚生労働省は既に8億回以上のワクチンの購入契約を済ませて居る。既に代金も支払い済み。世界は終息に向かって居る、ワクチンの在庫処分に日本が使われて居る。既に有効期限切れで廃棄したワクチンが可成り有る。
 ・最近になってヤットオミクロン株対応のワクチンの接種が始まった。従来型の武漢株のワクチンでは効か無い事が丸和り。
 ・日本はマスク着用率100%の国、法規制の無い、自粛要請でも、民衆は自宅に引き籠る国、欧米に比べて感染が少ないファクターXが有る国、ワクチン接種が略3回接種を終え、4回接種が進んで居る、既に五回接種が始まった。オミクロン対応のワクチンの接種も始まった。其の防疫には優等生の国の日本が新規感染者世界一に成って仕舞った。世界は終息に向かって居るのに、日本丈感染爆発が起きて居る。ワクチンの接種が進んで居る、イスラエルも感染が酷かった。
 ・モデルナ社が日本でワクチン製造工場を建設すると言い出した。mRNAワクチンの技術を使って、ガンのワクチンを作る目論み。問題は癌保険を扱う保険会社が外資が多い事で有る。今後、ワクチンの接種で癌が増える事を予想して居る。

 

 欧米に比べて感染者が桁違いに少ない要因のファクターXて何に。

 ・玄関で靴を脱ぐ習慣が有る、公衆便所に入った靴の儘、自宅に入るは防疫に寄与し無い。韓国やトルコのテレビドラマでも靴の履き替えは見掛ける。
 ・日本はマスク着用率100%の国、無着用で他人に叩かれた人が実際に居る酷い国。
 ・手洗いや洗顔や嗽の習慣が有る。お店の入り口には消毒用のアルコールが設置されて居る。
 ・スーパーやコンビニのレジにはアクリル板で遮蔽。
 ・外出着を普段着に着替える。学生も学生服を普段着に着替える。
 ・日本人は清潔好きで、毎日入浴を欠かせ無い。
 ・日本人は人前では、握手や抱擁や接吻は皆無。
 ・日本の家屋は木造が多く、換気が良い、太陽光や紫外線が良く入る。黴の発生が少ない。地下は湿気が多く、換気が悪く、太陽光や紫外線が入らない、黴が発生する。地下鉄在る都市の感染が多い。
 ・日本語は水がチョロチョロ流れ落ちる音に似た、物静かな発声の言語。飛沫の飛散が少無い。
 ・パンデミック以前には中国人の観光客が街に溢れ返って居た。既に集団免疫が出来て居た可能性が有る。
 ・鳥の渡りの経路の国が感染が少ない、鳥インフルエンザも鴨が運んで来る。
 ・結核のワクチンのBCG仮説が有る。株毎に相関が観られるも、因果が特定出来無い。
 ・中国から飛来する黄砂の恩恵も有る。
 ・日本の飼い猫は放し飼いが法的に許されて居る、犬は法的に禁じられて居る。飼い猫も野生の蝙蝠や蛇や鼠と接触が有る。其の猫が飼い主と同床異夢の世界で有る。
 ・5-ALAを多く含む発酵食品の味噌や納豆を多く食して居る。和食は魚貝類や海藻や茸を多く使い、健康食で有る事が、海外でも認められて居る。
 ・日本人の6割が持つ、白血球の型HLAーA24が要因、欧米人は1割から2割程度しか持た無い。

 

 武漢新型冠状病毒肺炎(COVIDー19)

 ・パンデミックが起きる以前いに、パソコンのOSのWindowsのマイクロソフト社の創業者のビル・ゲイツ氏は生物兵器の脅威を講演して居た。観戦爆発のシュミレーション結果も公表して居た。今、世界は其の通りの地獄に成って仕舞った。ビル・ゲイツ氏は現代の予言者に成って仕舞った。
 ・中国もパンデミックが起きる以前にサーズを想定した、広域的な大規模な防疫訓練を行って居た。されど、武漢の封鎖にはその訓練が生かされず、封鎖に手間取り、感染を中国全土に広げて仕舞った。旧暦の正月に当たる、春節の祝いの時期に重なった不運も有った。
 ・武漢の海鮮市場の蝙蝠が感染源とか、武漢の海鮮市場は封鎖され、消毒された。
 ・世界は武漢の海鮮市場で蝙蝠や蛇や鼠が生きた儘売られて居た事に吃驚仰天。されど、冷蔵庫が無かった昔は、東南アジアの多くの国で其れが普通で有った。市場の路上で、猿や犬や猫や兎、鵞鳥や家鴨や鶏や鶉、亀鼈や台湾泥鰌や鯰や鰻、川蟹や蜆や田螺も皆生きた儘売られて居た、愛玩用のペットでは無い、買ってお金を払うと其の場で手際良く捌いて呉れた。中国全土には海鮮市場は多数あるし、野生の蝙蝠や蛇や鼠は東南アジアには数多生息した居る何で武漢丈。
 ・武漢には武漢病毒研究所が在る。病毒とは、ウイルスの漢字名。仏蘭西の強力で建造された、世界で屈指の遺伝子組み換え実験が出来る、世界最新鋭
の研究所、中国はその後も仏蘭西の許可無しに増改築を行って居た。最近は爆発炎上火災を起こして居る、世間の風評では、証拠隠滅を図ったとか囁かれて居る。米国の研究チームが査察した時には、安全面の指摘を受けて居る。YouTubeで研究員が手袋もマスクもせずに、蝙蝠を素手で掴んで注射して居る動画を見掛ける。研究員が蝙蝠に尿を引っ掛けられた報告も有る。実験で使って死なせて仕舞った動物を、焼却処分せずに、食肉業者に転売して居た事件の報告も有る。意図的では無いにしても、漏れ出た可能性が高い。
 ・ウイルスは物と生物の間の存在、宿主の細胞内のリボゾーム無には増殖出来無い。宿主を寝込むますは、隔離され、感染を広げられ無い。宿主を殺すは、自滅行為、即、荼毘にふされ絶滅に向かう。ウイルスにとって進化とは、弱毒化して宿主と共生の道を歩み。共進化を遂げる事。餌のミトコンドリアを体内に取り込み、共生の道を歩み、共進化を遂げた前例が有る。ウイルスにも宿主の進化を促進させる効能も有る。
 ・mRNAは人工的に作れるが、リボゾームは其の遺伝子配列に基づいてタンパク質を作るが、生物で無いタンパク質は上手く畳み込マレ無いで分解して仕舞う。タンパク質自身が生物は異物かを判断して居る。
 ・ビッグ・バン理論で大宇宙の元素比が計算出来る。実際の観測値に等しい、其の元素比が生物に等しい、地球の元素比には似て居無い。今が大宇宙の年齢が138億年んで今が最盛期で有ることが判る。太陽も今が最盛期、50億年もすると、赤色巨星と成って終焉を迎える。後、1億年もすると此の大宇宙も収縮に転じるとか。仏教には、輪廻の思想が有る。膨張と収縮を繰り返す思想で有る。されど、それでも最初が必要に成る。生命の発生の確率を計算した日本の生物学者が居た。我が天の川銀河には前例が有るので、地球に似て、海洋が有る惑星なら可成りの期待が持てるが、問題は月で有る、月は衛星にしては大き過ぎる。小惑星同士の連星の如くで有る。月の存在が進化に影響が有るなら、生命の発生は否定的で有る。
 生命の発生が必然でも、己が今の世にヒトに生まれて来たは奇跡で有る。進化と絶滅は紙一重、恐竜の絶滅無に、哺乳類の繁栄は無かった。

 

 

 

 

                                            落撰白眉作品

https://pbs.twimg.com/media/EgTja0SU8Ak8iHk.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十一

 

十二

 

十三

 

十四

 

十五

 

十六

 

十七

 

十八

 

十九

 

二十

 

二十一

 

二十二

 

二十三

 

 

二十四

 

二十五